健康用語集

健康食品・サプリメント用語集では、健康食品やサプリメントに関する様々な用語の解説や健康や病気に関するトピックスを紹介します。健康食品.comトップに戻る

2006年12月 アーカイブ

2006年12月に投稿した記事一覧。新着順。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖とは、乳糖(ラクトース)を原料とし、さわやかな甘味があるオリゴ糖の一種。

Posted at 06/12/03

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は、とうもろこしに含まれているキシランというものを原料としたオリゴ糖の一種。さわやかな甘みがある。

Posted at 06/12/03

ラクトシュクロース

ラクトシュクロース(乳果オリゴ糖)とは、ショ糖と乳糖を原料としたオリゴ糖。

Posted at 06/12/03

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖とは、大豆を原料とし、甘味がある。消化酵素では消化されずに腸まで届く...

Posted at 06/12/03

ラフィノース

ラフィノース(ビートオリゴ糖)とは、ビートオリゴ(砂糖大根)を原料とし甘味がある。

Posted at 06/12/03

難消化デキストリン

難消化デキストリンとは、難消化、つまり消化酵素で分解されない、デキストリン=ブドウ糖が連結した分子、という意味でデンプンの仲間。

Posted at 06/12/03

アップルペクチン

アップルペクチンとは、その名前の通り、リンゴに含まれる水溶性の食物繊維のこと。活性酸素を除去するはたらきがある。

Posted at 06/12/03

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、非常に保水量の多いムコ多糖類の一種。

Posted at 06/12/03

アラキドン酸(ARA)

アラキドン酸(ARA)とは、細胞膜などを形成しているリン脂質を構成する脂肪酸の一種。

Posted at 06/12/03

フラボノイド

フラボノイドとは、植物に含まれる色素成分の総称でポリフェノールの1種。

Posted at 06/12/03

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はビタミンQとも呼ばれている。体内のエネルギー生成に欠かせない栄養素。

Posted at 06/12/03

イソフラボン

イソフラボンとは、大豆の胚芽部分に含有される植物性ポリフェノールのこと。大豆イソフラボンと一般には言われる場合が多い。女性ホルモンであるエストロゲンと似た成分のため、更年期障害などに効果・効能があるといわれている。

Posted at 06/12/10

カテキン

カテキンは、お茶に含まれている渋み成分のことで、ポリフェノールの一種。抗酸化作用が期待できるほか、ダイエットなどにも効果があるとされている。

Posted at 06/12/10

アントシアニン

アントシアニンは、植物などに含まれる緑色の色素のことで、ポリフェノールの一種。赤ワインに含まれているポリフェノールは、このアントシアニンを指す。他にも赤りんごなどに多く含まれている。

Posted at 06/12/10

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維とは、その名の通り、水に溶けない食物繊維全般を指す。

Posted at 06/12/17

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維のこと。

Posted at 06/12/17

キチン・キトサン

キチン・キトサンとはカニやエビの殻部分に含まれている食物繊維で、不溶性食物繊維の一つ。動物性の食物繊維でもある。

Posted at 06/12/17

ポリデキストロース

ポリデキストロースとは、とうもろこしを原料として人工的に精製された水溶性食物繊維のことを指す。脂肪分などを吸着して対外に排出する効果があるとされている。

Posted at 06/12/19

フコイダン

フコイダンとは、海藻のヌメリ成分のことで、水溶性食物繊維に含まれている。昆布やわかめ、ひじき、モズクなどに多くフコイダンは含有されている。

Posted at 06/12/19

グルコマンナン

グルコマンナンとは、こんにゃくに含まれている食物繊維の一種。人間の持つ消化酵素では分解されない。

Posted at 06/12/27

ビートファイバー

ビートファイバーとは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく配合する食物繊維の一種で、天然の食物繊維の中では最も繊維含有量が多いとされている。

Posted at 06/12/27

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸とは、動物性の食品に含まれるムコ多糖類の一種。主にサメや豚の軟骨などに多く含まれている。

Posted at 06/12/27

グルコサミン

グルコサミンは、間接やじん帯などにあり、ムコ多糖類に多く含有されているアミノ酸の一種。コンドロイチンやヒアルロン酸などの主要原料でもある

Posted at 06/12/27

EPA

EPAとは、イコサペンタエン酸のこと。魚油に含まれている多価不飽和脂肪酸の一種。動脈硬化予防や高血圧症の緩和などの効果があるとされている。

Posted at 06/12/27

DHA

DHAとはドコサヘキサエン酸のこと。魚油に含まれている多価不飽和脂肪酸の一種。 DHAはコレステロール値や中性脂肪を下げる働きがあり、動脈硬化予防や高血圧症の緩和などの効果があるとされている。

Posted at 06/12/27

レシチン

レシチンとは、リン脂質の一種で、細胞膜などを形成する主要成分。リン酸や脂肪酸、グリセリンなどで攻勢されている。

Posted at 06/12/28

オレイン酸

オレイン酸とは、酸化しにくい一価不飽和脂肪酸の一種。

Posted at 06/12/28

ジアシルグリセロール

ジアシルグリセロールとは、食用油に用いられている脂肪酸のひとつで中性脂肪に再合成化されにくいことから体に脂肪がつきにくい食用油として注目されている。

Posted at 06/12/28

共役リノール酸(CLA)

共役リノール酸(CLA)とは、不飽和脂肪酸の一種でリノール酸から生じる物質。異性化リノール酸とも呼ばれる。

Posted at 06/12/28

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは、大豆の胚芽部分に含まれているポリフェノールの一種。大豆イソ...

Posted at 06/12/28

カテキン

カテキンとは、お茶の渋み成分「タンニン」を形成している成分の一部のこと。フラボノイド系ポリフェノールの一種。

Posted at 06/12/28

アントシアニン

アントシアニンとは、植物に含まれる紫色の色素成分でフラボノイド系のポリフェノールの一種。

Posted at 06/12/28

ルチン

ルチンとは、フラボノイド化合物の一種。ルチンにはビタミンCの吸収を助ける作用がある。

Posted at 06/12/28

ケルセチン

ケルセチンとは、別名ビタミンPと呼ばれる物質でフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種。

Posted at 06/12/28

植物ステロール

植物ステロールとは、野菜や果物などに含まれているステロールという成分の総称。コレステロールが吸収されにくくなる働きがある。

Posted at 06/12/29

スクワレン

スクワレンとは、深海鮫の肝臓に含まれている肝油成分のこと。

Posted at 06/12/29

カプサイシン

カプサイシンとは、唐辛子に含まれている辛味成分のこと。唐辛子を食べて汗をかくのは、このカプサイシンの効果によるものとされている。

Posted at 06/12/29

プロポリス

プロポリスとは、ミツバチが集めた樹脂にミツバチの分泌物が混合したもので、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを豊富に含有している。

Posted at 06/12/29