健康用語集

健康食品・サプリメント用語集では、健康食品やサプリメントに関する様々な用語の解説や健康や病気に関するトピックスを紹介します。健康食品.comトップに戻る

2006年11月 アーカイブ

2006年11月に投稿した記事一覧。新着順。

ビタミンA

ひとくちにビタミンAと言っていますが、動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれているカロチンの2種類があります。

Posted at 06/11/27

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの吸収を良くし、骨を丈夫にするために大切なビタミンです。そのため、成長期の子供(~5才)には、大人の4倍のビタミンDが必要とされています。

Posted at 06/11/27

ビタミンK

ビタミンKは、出血した時などに血液を固めるのを助ける物質(プロトロンビンなど)の...

Posted at 06/11/27

ビタミンB群

ビタミンB群には、8種類のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)があります。

Posted at 06/11/27

ビタミンC

ビタミンCは、不足すると壊血病(血管がもろくなって、歯ぐきや内臓などから出血が起こり、やがて死に至る病)が起きることから発見されました。

Posted at 06/11/27

カルシウム

大人のからだの中には約1kg、1~10歳の子どもでは体重1kgあたり10.0~12.7gのカルシウムが体の中にありますが、大部分は骨や歯に存在し、骨格を保っています。

Posted at 06/11/27

鉄分

大人のからだの中には約3~5gの鉄がありますが、そのうち7割程度は血液中のヘモグロビンの構成成分となっています。

Posted at 06/11/27

リン

リンはしっかりした骨に必要不可欠な大切なミネラルです。リンの多くはカルシウムと結合したリン酸カルシウムの形で骨や歯に存在します。

Posted at 06/11/27

マグネシウム

マグネシウムはミネラルの一種です。私たちの体内に存在するマグネシウムの約60%は、骨に貯蔵されており、マグネシウムが欠乏すると骨からマグネシウムが溶け出して利用されます。

Posted at 06/11/27

ナトリウム

ミネラルの一種であるナトリウムを、私たちは主として食塩の形で摂り入れています。ナトリウムはカリウムとともに細胞膜の浸透圧を調節し、細胞内外の水分や物質の交換をコントロールしています。つまり、私たちの生命の営みに欠かすことのできないものなのです。

Posted at 06/11/27

カリウム

カリウムはナトリウムと関連の深いミネラルです。私たちの体内では細胞内にカリウム、細胞外にナトリウムが多く存在し、細胞内外の濃度差のバランスを一定にしています。

Posted at 06/11/27

貧血というと鉄不足を思い浮かべますが、実はミネラルの一種である銅も深く関わっているのです。

Posted at 06/11/27

ヨウ素

ヨウ素は、子どもには特に大切なミネラルです。細胞の新陳代謝を活発にする働きがある甲状腺ホルモンの原料となるほか、たんぱく質合成作用に関連して身体的・精神的な発達を促します。ほかにも、皮膚や髪を健康に保つなど、多様な作用をもっています。

Posted at 06/11/27

マンガン

マンガンはさまざまな酵素の働きを助けるミネラルです。骨や歯を丈夫にする結合組織は、マンガンが関与する酵素がないと作ることができないので、成長期にマンガンが不足すると子どもの発育不全がみられます。

Posted at 06/11/27

セレン

ミネラルの一種であるセレンは、体内で過酸化脂質を分解する酵素の構成成分であり、また抗酸化作用によって細胞の酸化を防ぐ働きなどが重要です。

Posted at 06/11/27

亜鉛

栄養素の中であまり知られていない亜鉛ですが、実は私たちの体にとって、とても大切な働きをするミネラルです。

Posted at 06/11/27

クロム

クロムは肝臓・腎臓・血液・脾臓に存在するミネラルです。クロムは血糖値を下げるホルモンであるインスリンと結びついて糖質の代謝を活性化し、血糖値を下げる働きがあります。

Posted at 06/11/27

モリブデン

ミネラルの一種であるモリブデンは代謝に関係する酵素の構成成分で、糖質や脂質の代謝を助けるほか、鉄の利用を高めて、貧血予防の働きもします。

Posted at 06/11/27

ビタミンB1

ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。

Posted at 06/11/29

ビタミンB2

ビタミンB2とは、糖質やタンパク質の代謝、脂肪の分解をする水溶性ビタミン。

Posted at 06/11/29

ビタミンB6

ビタミンB6とは、タンパク質の代謝を行う水溶性ビタミン。

Posted at 06/11/29

ビタミンB12

ビタミンB12とは、赤血球の生成を行う水溶性ビタミン。

Posted at 06/11/29

パントテン酸

パントテン酸とは、ビタミンB群の仲間である水溶性ビタミン。

Posted at 06/11/29

ナイアシン

ナイアシンとは、ニコチン酸やニコチン酸アミドなどの総称でビタミンB群の一種。

Posted at 06/11/29

葉酸

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、水溶性ビタミン。反応に関わるとされている。

Posted at 06/11/29

ビオチン

ビオチンとは、ビタミンHとも呼ばれているが、ビタミンB群の一種で水溶性ビタミン。

Posted at 06/11/29

ヘム鉄

ヘム鉄とは、体内に吸収されやすい鉄分で肉や魚などの動物性食品に多く含まれている。

Posted at 06/11/29

クエン酸リンゴ酸カルシウム

クエン酸リンゴ酸カルシウム(CCM)とは、カルシウムにクエン酸とリンゴ酸を一定の比率に従って配合したもの。

Posted at 06/11/29

ビタミン

ビタミン(Vitamin)は、生命の生存に必要な栄養素のうちで、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素を指す。生理作用等を円滑に行ううえで必須の有機化合物の総称。

Posted at 06/11/29

ミネラル

ミネラルとは、一般的な有機物に含まれる元素以外に、生命体にとって欠かす事の出来ない元素のことを指す。別名:無機質。

Posted at 06/11/29

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは、カニやエビ、イクラ、鮭などに含まれている赤色色素のことでカロテノイドの一種。

Posted at 06/11/29

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンとは、パパイヤやマンゴー、ほうれん草などに含まれている黄色色素。カロテノイドの一種

Posted at 06/11/29

クリプトキサンチン

クリプトキサンチンとは、柑橘類やトウモロコシなどに含まれている黄色色素。

Posted at 06/11/29

ルテイン

ルテインとは、緑黄色野菜に多く含まれている赤や黄色の色素成分。

Posted at 06/11/29

リコピン

リコピンとは、トマトやスイカ、柿などに含まれる赤色色素。カロテノイドの一種。

Posted at 06/11/29

カロテノイド

カロテノイド(別名:カロチノイド)は、天然に存在する色素の事をさす。

Posted at 06/11/29

必須アミノ酸

アミノ酸のうち、「ロイシン」「イソロイシン」「リジン」「フェニルアラニン」「メチオニン」「スレオニン」「バリン」「ヒスチジン」「トリプトファン」の9種類のアミノ酸のことを、必須アミノ酸と呼ぶ。

Posted at 06/11/29

リジン

リジンは、アミノ酸の一種。塩基性アミノ酸に分類される。タンパク質構成アミノ酸で、必須アミノ酸である。

Posted at 06/11/29

アラニン

アミノ酸の種類の一つ。必須アミノ酸ではない。ほとんどのタンパク質に存在するアミノ酸。

Posted at 06/11/29

プロリン

プロリンとは、アミノ酸の一つ。ダイエット効果があるアミノ酸の一つとして知られる。

Posted at 06/11/29

アルギニン

アルギニンは条件付必須アミノ酸の一つとされる。いわゆる核蛋白質での含量が高く、魚類プロタミンでは全体の3分の2がアルギニンになっている。

Posted at 06/11/29

ダイエットに効果的なアミノ酸

アミノ酸のうち、リジン、アラニン、プロリン、アルギニンの4種類のことを指す。

Posted at 06/11/29

バリン

バリンとは、必須アミノ酸の一つ。疎水性アミノ酸、非極性側鎖アミノ酸に分類される。蛋白質構成アミノ酸のひとつで、必須アミノ酸。糖原性を持つ。

Posted at 06/11/29

ロイシン

ロイシンは必須アミノ酸の一つ。側鎖にイソブチル基を持つ。

Posted at 06/11/29

イソロイシン

イソロイシンは、必須アミノ酸の一つ。ロイシンの構造異性体である。

Posted at 06/11/29

疲労回復に役立つアミノ酸

アミノ酸の中でも、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」のことを指す。

Posted at 06/11/29

グルタミン酸

グルタミン酸は、アミノ酸の一種。非必須アミノ酸である。

Posted at 06/11/29

セリン

セリンはアミノ酸の一種。非必須アミノ酸である。

Posted at 06/11/29

脳細胞強化に役立つアミノ酸

アミノ酸の中で、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」「アルギニン」「グルタミン酸」「セリン」といったアミノ酸は、摂取する事により脳細胞の強化に効果的であるとされている。

Posted at 06/11/29

ペプチド

ペプチドとは、多数のアミノ酸が一定の決まった順番で様々なアミノ酸がつながってできた分子の系統群のことを指す。たんぱく質とアミノ酸の中間にあるといってよい。

Posted at 06/11/29

大豆ペプチド

大豆ペプチドは、ペプチドの一種で、大豆から抽出したタンパク質を酵素分解して生成されるペプチド。

Posted at 06/11/29

ラクトトリペプチド

ラクトトリペプチドとは、ペプチドの一種で、乳タンパク質カゼインを原料として作られたもの。

Posted at 06/11/29

ギャバ

ギャバとは、γ-アミノ酪酸を省略した呼称で、アミノ酸の一種。

Posted at 06/11/29

タウリン

タウリンは生体内で重要な働きを示す含硫アミノ酸の一種。別名アミノエチルスルホン酸。非必須アミノ酸。

Posted at 06/11/29

クレアチン

クレアチンとは、「アルギニン」「メチオニン」「グリシン」などのアミノ酸から構成されるリン酸のことを指す。赤身の肉や魚に多く含まれる。

Posted at 06/11/29

Lカルニチン

カルニチンとは生体の脂質代謝に関与するヒドロキシアミノ酸であり、立体異性体のうち L-カルニチンのみが生体では利用される。

Posted at 06/11/29

システイン

システインとは、体内にもともと存在しているアミノ酸の一種。

Posted at 06/11/29

テアニン

テアニンは、茶に多量に含まれるアミノ酸の一種でグルタミン酸の誘導体。緑茶や玉露茶などに多く含まれる。

Posted at 06/11/29

アミノ酸

アミノ酸とは、広義にはアミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体の蛋白質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。

Posted at 06/11/29

フェニルアラニン

フェニルアラニンはアミノ酸の一種。蛋白質構成アミノ酸で、必須アミノ酸の1つ。

Posted at 06/11/29

メチオニン

メチオニンとは必須アミノ酸の1つで、側鎖に硫黄を含んだ疎水性のアミノ酸。

Posted at 06/11/29

スレオニン

スレオニンはアミノ酸の一種で、側鎖にヒドロキシエチル基を持つ。必須アミノ酸。

Posted at 06/11/29

ヒスチジン

ヒスチジンはアミノ酸の一種。塩基性アミノ酸の一種で、必須アミノ酸。糖原性を持つ。

Posted at 06/11/29

トリプトファン

トリプトファンはアミノ酸の一種。芳香族アミノ酸に分類される。蛋白質構成アミノ酸で、必須アミノ酸の一つ。

Posted at 06/11/29

プロテイン

プロテインとは、アミノ酸が結合してできるタンパク質のこと。体を構成する栄養素として必要不可欠なもので、動物性/植物性のものがある。

Posted at 06/11/29

コラーゲン

コラーゲンとは、体内に膜のように構造体として存在しているタンパク質。肌のハリなどもこのコラーゲンが影響する。

Posted at 06/11/29

ラクトフェリン

ラクトフェリンとは、タンパク質の一種で、ほ乳類の唾液や涙などの分泌液に含まれているが、中でも母乳に特に多く含まれている。

Posted at 06/11/29

乳清タンパク

乳清タンパクとは、チーズの絞り汁で牛乳からチーズを作る時に生まれる成分。別名「ホエイ」。

Posted at 06/11/30

カゼイン

カゼイン(カゼインプロテイン)は牛乳の成分のうち、80%を占めているたんぱく質のこと。牛乳をあたためたときの表面にできる膜がカゼインプロテインである。

Posted at 06/11/30

イワシペプチド

イワシペプチドとは、その名の通りイワシ(サーデン)から抽出した天然のタンパク質を、高純度のペプチドに精製したもの。

Posted at 06/11/30

シスチン

シスチンとはアミノ酸の一種で、髪の毛を作っているタンパク質の主要成分。

Posted at 06/11/30

シルクプロテイン

シルクプロテインとは、天然のシルクに含まれる天然のタンパク質のこと。

Posted at 06/11/30

レジスタントプロテイン

レジスタントプロテインとは、「蕎麦」に多く含まれるたんぱく質で、消化吸収率が悪い。

Posted at 06/11/30

たんぱく質

たんぱく質(タンパク質、蛋白質)とは、プロテインともいい、L-アミノ酸が多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

Posted at 06/11/30

ビフィズス菌

ビフィズス菌とは、乳酸菌の代表格とも言える善玉菌のひとつ。

Posted at 06/11/30

プロバイオティクス乳酸菌

プロバイオティクス乳酸菌とは、腸に到達するまでに死滅することのない乳酸菌の一種。

Posted at 06/11/30

LG21乳酸菌

LG21乳酸菌とは、明治乳業と東海大学医学部の産学連携により発見された新しい作用を持つ乳酸菌。

Posted at 06/11/30

KW乳酸菌

KW乳酸菌は乳酸菌の一種。アレルギー症状や花粉症などの症状を緩和する効果があるとされているが、現在研究段階の乳酸菌。

Posted at 06/11/30

機能活性型乳酸

機能活性型乳酸(ラック)とは、サトウダイコンなどの天然糖類を乳酸菌で発酵させ抽出されたL型発酵乳酸を粉末化した機能性食品をさす。

Posted at 06/11/30

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌とは、米・麦・果物などといった植物を餌にして増殖する乳酸菌のことを指す。

Posted at 06/11/30

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖とは、ショ糖を原料とし、砂糖に近い甘味があるオリゴ糖の一種。

Posted at 06/11/30

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖とは、乳糖(ラクトース)を原料とし、さわやかな甘味がある。

Posted at 06/11/30